呼吸器症状と喘息の症状について

喘息とは気道に炎症が起き、気流制限と気道過敏性症状に基づく病気です。本文は呼吸器症状と喘息の症状について紹介します。

喘息が発作するとき、呼吸が難しくなることは一番代表的な症状と認められています。また、喘鳴と咳などの呼吸器症状も現れてくることができます。喘息は気管支喘息とも呼ばれています。また、鬱血性心不全によって喘鳴、呼吸困難という症状がありますから、鬱血性心不全を喘息と間違えられ、あるいは喘息を鬱血性心不全と間違えられることがよく発生していますから、注意してください。

喘息の症状
喘息は一般的な症状は呼吸困難、息切れ、喘鳴、咳、痰などの呼吸器症状です。普通の生活でタバコ、寒気、環境の中の刺激因子に影響され、また運動後やストレスが大きい時、喘息が発作しやすくなります。喘息が発作するとき、以上の症状がだんだんひどくなることができます。呼吸困難、酸欠、体力が激しく消耗されることなどを伴い、更に死に至ることもあります。気道感染は喘息の症状を急に悪化させる主な原因と認められています。アトピー型の喘息の発作を引き起こすの誘因はバクテリア、ウイルス、過労、ハウスダスト、食物と薬物などのアレルゲン、運動、タバコ、アルコール、気圧変化などがいろいろあります。一方、現代の医学によって非アトピー型の喘息の発病原因はまだ明らかにしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation