喘息の常識が変わった

喘息の常識が変わった

喘息は従来、気道が狭くなったり、過敏になることが原因で起こると考えられてきました。しかし最近は、もともとの原因は気道の炎症とされています。気道の炎症を繰り返すことで、ちょっとしたことで過敏になり、咳や痰が出やすくなります。また、気管支壁も厚くなり、気道が狭まりやすくなるのです。 喘息の患者さんの気道には、肥満細胞や好酸球・リンパ球といった、炎症に関係する細胞などがたくさんみられます。

肥満細胞が喘息とどういう関係があるの?と思われるかもしれません。私たちのからだにアレルギー物質などの異物が入ると、免疫の働きによってさまざまな抗体がつくられますが、肥満細胞の表面にはIgE抗体がつくられます。

このIgE抗体の働きによって、ヒスタミンなどの物質が放出され、気道の収縮を引き起こします。また、気道の粘膜にはさまざまな生理活性物質がつくられ、炎症を起こし、過敏になります。その結果、咳や喘鳴、呼吸困難などが起こりやすくなるのです。

原因が慢性的な炎症にあることから、喘息は生活習慣病と同様に、慢性疾患のひとつとされています。治療法も、従来は発作が起きたときに緩和する対症療法が中心でした。しかし現在では、気道の炎症を改善し、発作を予防する(予防的治療)方向へと大きく転換しています。それだけに、薬による治療に加えて、生活習慣の改善も重視されています。