呼吸器症状と喘息の症状について

喘息とは気道に炎症が起き、気流制限と気道過敏性症状に基づく病気です。本文は呼吸器症状と喘息の症状について紹介します。

喘息が発作するとき、呼吸が難しくなることは一番代表的な症状と認められています。また、喘鳴と咳などの呼吸器症状も現れてくることができます。喘息は気管支喘息とも呼ばれています。また、鬱血性心不全によって喘鳴、呼吸困難という症状がありますから、鬱血性心不全を喘息と間違えられ、あるいは喘息を鬱血性心不全と間違えられることがよく発生していますから、注意してください。

喘息の症状
喘息は一般的な症状は呼吸困難、息切れ、喘鳴、咳、痰などの呼吸器症状です。普通の生活でタバコ、寒気、環境の中の刺激因子に影響され、また運動後やストレスが大きい時、喘息が発作しやすくなります。喘息が発作するとき、以上の症状がだんだんひどくなることができます。呼吸困難、酸欠、体力が激しく消耗されることなどを伴い、更に死に至ることもあります。気道感染は喘息の症状を急に悪化させる主な原因と認められています。アトピー型の喘息の発作を引き起こすの誘因はバクテリア、ウイルス、過労、ハウスダスト、食物と薬物などのアレルゲン、運動、タバコ、アルコール、気圧変化などがいろいろあります。一方、現代の医学によって非アトピー型の喘息の発病原因はまだ明らかにしていません。

生活習慣から喘息を防止

喘息の人の鼻腔・口腔・喉頭・気管・気管支は、病状がないときでも常に炎症をおこしており、健康な人に比べて鼻腔・口腔・喉頭・気管・気管支が狭くなって空気が通りにくくなっています。炎症がおこっている鼻腔・口腔・喉頭・気管・気管支はとても敏感になっていて、正常な鼻腔・口腔・喉頭・気管・気管支ならなんともないホコリやタバコ、圧力などのわずかな刺激でも狭くなり、発作がおきてしまいます。だから喘息を防止するには以下の方法がおすすめです。

圧力をたまらない

圧力により、自律神経の乱れなど体の機能を調節する体内物質のバランスがくずれ、喘息が悪化しやすくなります。休養をとって圧力をあまりためこまないようにしたり、趣味や好きなことをして上手に発散するようにしましょう。また、圧力にさらされているときこそ、吸入ステロイド薬などで病状をコントロールすることが大切です。

発作への不安から圧力を感じてしまう方もいますが、好きなことに熱中している方が病状は出にくくなるので、あまり心配しすぎず好きなことをして圧力を発散しましょう。

タバコは絶対ダメです。

タバコの煙は鼻腔・口腔・喉頭・気管・気管支の刺激になるだけでなく、喘息のもとである炎症を悪化させます。また、喫煙を続けると喘息の基本治療薬である吸入ステロイド薬の効きが悪くなることも分かっています。

タバコは吸う煙より、流れ出る煙の方が有害物質を多く含んでいるため、タバコの煙があるところは避けましょう。家族など身近な人には近くでは吸わないようにしてもらうよう伝えておくことが大切です。

十分な睡眠を取ります。

睡眠不足により疲労がたまると、風邪を引きやすくなったり、アレルゲンに対してより敏感になったりします。

睡眠時間を確保し、適度な運動や入浴、アロマテラピーなどで安眠できる環境づくりを心がけましょう。