喘息はどうして発作が起こりますか?

喘息とは
喘息とは、気道に炎症が起こることによって気道が狭くなる病気です。発作性に、咳や痰、呼吸困難、胸が苦しい、喘鳴などの呼吸器症状を引き起こします。最近の調査によって喘息にかかる人数は増えている一方です。日本では、喘息の患者数は400万人を超えていると報告されています。近年以来、喘息の患者数が増加している原因について、大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレスが増えたことなどから考えられています。

喘息の発作
喘息を持っている人の気道は、症状がないときでも常に炎症があり、健康な人より気道がもっと狭くて空気が通りにくくなっています。こういう気道は非常に敏感で、ホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激を受けると、炎症でむくみ、狭くなります。また、咳、呼吸時の喘鳴、痰、息切れ、息苦しさなどの症状をもたらして喘息が発作します。喘息の発作は症状によって小発作、中発作、大発作という三つの段階があり、特に激しい咳や呼吸困難で身動きできず、重度の場合は意識が無くなることもありますから、喘息の発作時の対処法を身に付けることは大切です。

喘息が発作しやすい時期は以下のようになります。
・夜間~早朝にかけて
・季節の変わり目など、気温差がはげしいとき
・天気がよくないとき、変わりやすいとき
・疲れているとき
・風邪をひいたとき
・発作を引き起こす刺激(タバコの煙、線香の煙、強い臭いなど)に触れたとき

それで、 以上の時期に喘息の激しい発作を避けるために工夫してください。