喘息の検査について

本文は喘息の検査についてご紹介します。

喘息の検査は血液検査、肺機能検査などです。基本的にスパイロメトリーは、スパイロメーターという機械を使い呼吸機能を調べることです。

まず息を思いきり吸い込み、次に力いっぱい吐きます。この時、息を思いっきり吸ったときの肺活量(努力性肺活量)、吐き始めてから吐き終わるまでの時間、吐くスピードを、機械が測定します。

最初の1秒間で吐き出した空気の量を1秒量(FEV1)といい、この値が喘息の重症度の基準となります。喘息の方の場合、肺活量や1秒量は正常値より低くなる場合があります。

血液検査は末梢血中好酸球の増加や血清中の非特異的IgE値の上昇がみられれば、本疾患の補助診断となり得ます。また、アレルゲンを調べるために、血清中のアレルゲン特異的IgE抗体の測定や、皮膚テスト(プリックテスト等)が行われます。

肺機能検査はこれ以上吸えないというくらいまで大きく息を吸ってから、できるだけ強く、早く息を吐き出すことで肺機能を調べます。肺活量の他に、吐き始めてから吐き終わるまでの時間と、吐くスピードが測定されます。

そして発作性の呼吸困難や喘鳴、咳が、とくに夜間から明け方に出現するか否かで珍断されます。気道過敏性や気道可逆性、アトピーの存在、痰のなかの好酸球 の存在は、喘息診断の補助になります。また、がんやなどで気道が狭くなったり、心不全でも喘鳴が聞かれるので、これらの病気がないことを確認します。