喘息の原因の情報収集

本文は喘息の原因をご紹介します。

アレルゲンによるものはダニ、ハウスダスト、ペット、真菌、花粉、食物などです。アレルゲン以外によるものは運動、たばこ、薬、過労やストレス、風邪などの感染症、大気汚染、天候や気温の変化、香水などの匂いです。

アトピー型では産生されたIgE抗体が肥満細胞上に結合しています。ダニ抗原などの空気中の環境抗原が気道に吸入されると、肥満細胞上でI型のアレルギー反応が起こり、肥満細胞から化学伝達物質が放出されて喘息反応がおこります。

逆 に非アトピー型と呼ばれるタイプはアレルゲンが特定できないものを指し、特定のアレルゲンではなく何らかの刺激によって発作が引き起こされます。それはタ バコの煙や香水、かぜや過労など様々な刺激が原因となります。原因が特定しにくいですが、発作が起こった前の事を振り返れば共通点が見られそれを気を付け ることで発作を減らすことが可能となります。

実際の患者さんをみると、どれか一つが喘息の原因ではなく、数種類の誘因が絡み合い、発作が起こっているといわれています。これらの誘因を喘息の原因からできるだけ遠ざける努力をすることが発作の予防につながるとのことです。

そのほか、喘息の原因として、激しい運動、ウイルス感染、飲酒、ストレスがあげられます。激しい運動や飲酒は、肥満細胞から化学伝達物質を放出させやすくします。また、気温の急激な低下、季節の変わりめ、台風接近前、たばこや線香の煙の吸入、満腹状態、女性では月経や妊娠なども喘息発作の誘因になります。