喘息の予防について

近年に、喘息になる人が徐々に増えています。喘息の予防は重要ですから、本文は喘息の予防方法についてご紹介します。

喘息の予防方法には、まずはストレスをためないことです。ストレスにより、自律神経の乱れなど体の機能を調節する体内物質のバランスがくずれ、喘息が悪化しやすくなります。休養をとってストレスをあまりためこまないようにしたり、趣味や好きなことをして上手に発散するようにしましょう。また、ストレスにさらされているときこそ、吸入ステロイド薬などで症状をコントロールすることが大切です。

アレルギー性ぜんそくでは、原因物質をできるだけ減らす心がけが大切です。ハウスダストやダニの糞などが原因の場合には、室内の掃除を徹底して行いましょう。たばこは、煙などが発作を誘発するだけでなく、気道を狭める原因ともなるので、禁煙するようにしましょう。

喘息患者が避けるべき食べものとして、代表的な食べ物に、グレープフルーツやメロン、キウイなど一部のフルーツ類があげられています。これらの果物自体にアレルゲン反応を示す人は喘息発作を悪化させてしまいます。特定のフルーツにアレルギー反応が見られる場合、生のフルーツだけでなく、ジュースも摂取しないように注意しましょう。

運動は、激しい運動によって引き起こされることが多いですが、散歩や入浴などによっても起きることがあります。また、風邪薬に含まれるアスピリンの服薬や疲労・ストレスなども、より悪化する要因となります。