喘息の応急処置・喘息解読・喘息の原因と症状ご紹介

喘息「Asthma」は慢性の気道炎症(好酸球性炎症が典型的であるが、好酸球以外の炎症性細胞が主体のフェノタイプも存在する)、気流制限(典型 例では、通常、可逆性あり)、気道過敏性の亢進を病態の基盤に有し、発作性に、呼吸困難、喘鳴、咳などの呼吸器症状をきたす症候群である。これは理論的に 解釈であります。
昔には喘息を指す英単語 asthma はギリシャ語の「aazein」という”鋭い咳”を意味する言葉に由来する[10]。この言葉は紀元前8世紀のイーリアスに登場するのが最初とされてい る。紀元前4世紀にヒポクラテスはこの病気が仕立て屋、漁師、金細工師に多いこと、気候と関係していること、遺伝的要因がある可能性があることを記載し た。2世紀にガレノスは喘息が気管支の狭窄・閉塞によるものであることを記し、基本病態についての考察が始まった。

喘息の分類
代表的なものの一つに、幼児期に発症することの多いアトピー型と40歳以上の成人発症に多くみられる非アトピー型の2型のフェノタイプがあります。

喘息の症状
喘息発作時にはこれらの症状が呼吸困難や過呼吸、酸欠、体力の激しい消耗などを伴い、時には死に至ることもあります。気道感染が喘息急性増悪の誘発因子となることが多い。
アトピー型の喘息患者が発作するときにはI型アレルギーにより化学伝達物質が発生するためである。その誘因は細菌・ウイルス、過労、ハウスダスト(埃・ダニ・花粉・カビなど)・食物・薬物などのアレルゲン、運動、タバコ、アルコール、気圧変化などさまざまであります。
一方、非アトピー型の喘息の病態生理はまだはっきりしていない。
小 児喘息は成長とともに軽快する場合が殆どである。まれに成人喘息に移行する場合があるります。小児喘息の既往があったとしても、成人喘息患者の ような薬物の制限はない。小児期に喘鳴が認められる場合はウイルス感染、アレルギー、異物の可能性もあります。重要な鑑別疾患としてはRSウイルスによる 細気 管支炎があるが、細気管支炎では一日中喘鳴が聴取されるが、気管支喘息はヒューヒュー、あるいはゼイゼイとした喘鳴が夜間に多い。小児喘息の診断には、他 疾患の除外が必要である。2歳から3歳のころ頻繁に喘鳴を繰り返して、また、幼児は小児喘息に移行するリスクが高いと考えられている。
春先や秋など小児喘息が発作の好発時期であります。また、3歳から5歳の発症が多いです。

小児喘息の症状
1.ゼーゼーやヒューヒューと呼吸困難になることです。
2.夜間や明け方に咳き込みやすいです。
3.息が苦しく、肩をあげて呼吸することです。
4.首の前や鎖骨の上、みぞおち部分をへこませながら呼吸することです。
5.台風など気圧の変化が大きいときに具合が悪くなる ことです。
6.風邪薬や咳止め薬を飲んでも症状が治らないことです。
7.ホコリを吸い込んだり、動物に近づくと息苦しくなることです。
8.処方された気管支拡張薬(テオドールなど)が効いて症状が改善できます。

小児喘息の小児喘息の応急処置
1.薬の吸入・服用
喘息の発作が出た場合、まずは薬を吸入させることであります。内服薬より吸入薬のほうが、気管支に直接作用するので、即効性があります。
2.水分を摂らせる
このとき、冷たい水や炭酸は刺激となり、発作がひどくなる可能性があるので厳禁です。だから水や白湯などを飲ませてあげましょう。特に紅茶です。紅茶には気管支を広げる作用があるので、発作が軽くなることがあります。

3.楽な姿勢をとらせる
少し前かがみの姿勢になると、たんも出やすくなります。
4.腹式呼吸をする
発作のときに腹式呼吸ができると、呼吸が楽にできるようになります。
これは胸式呼吸だと、肺に空気がたまり、発作時に呼吸が苦しくなるためです。
腹式呼吸の方法は、
1・口を閉じ、鼻から息を吸い込み、お腹をふくらませます。
2・息をゆっくり吐き、お腹をへこませていきます。
5.背中をたたく、さする
6.喘息の日記をつける

1.吸入ステロイド薬
喘息は「慢性炎症性疾患」と位置づけられましたが、この炎症を抑える作用が最も強い薬がステロイド薬です。
2.抗アレルギー薬
吸入薬としてDSCG(クロモグリク酸ナトリウム)があり、非常に安全性の高い薬で、3種類の吸入方式が選べます。
3.ロイコトリエン
ロイコトリエンは、白血球に作用し炎症組織に必要な細胞を招集、血管収縮と気管支収縮に関して強力な効果を持ちます。また、軽症持続型以上で適用となり、中等症持続型以上では、吸入ステロイド薬と併用されることが多い薬です。
治療方法
一般的治療方法
1.アレルゲンの発見とその除去することです。
2.適度な運動をします。
吸入療法
吸入療法は疾患のある部位で、病変部に直接薬剤投与するので、すばやい効果が期待でき、かつ副作用も少ない治療法です。
喘息の程度
1.軽症間欠型:症状は軽度で短いです。
2.軽症持続型:症状は週1回以上、しかし毎日ではないです。

4.重症持続型:症状が毎日、日常生活にも制限されます。

喘息治療薬

シングレア・ジェネリックはシプラ社が製造する気管喘息やアレルギー性鼻炎に対して効果のある治療薬です。

セロフロ インヘラーは、喘息による発作を予防する治療薬です。サルメテロール成分が、気管支を広げ呼吸を楽にする作用、フルチカゾン成分が気管支の炎症をしずめる効果があります。

他の医薬品通販サイト

>>レビトラ購入方法|人気ED治療薬レビトラ通販

>>早漏防止方法方法|人気早漏治療薬ランキング